稲盛イズム12ヵ条


京セラの稲盛和夫氏の「経営の原点」を示す12ヵ条は次の通り。

      
  1. 事業の目的、意義を明確にする
    公明正大で大義名分の高い目的を立てる
  2. 具体的な目標を立てる
    立てた目標は常に社員と共有する
  3. 強烈な願望を心に抱く
    目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと
  4. 誰にも負けない努力をする
    地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
  5. 売り上げを最大限に、経費を最小限に
  6. 値決めは経営
    値決めはトップの仕事、お客も喜び自分も儲かるポイントは一点である
  7. 経営は強い意志で決まる
    経営には岩をも穿つ強い意志が必要
  8. 燃える闘魂
    経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
  9. 勇気を持って事に当たる
    卑怯な振る舞いがあってはならない
  10. 常に創造的な仕事を行う
    今日より明日、明日より明後日と常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる
  11. 思いやりの心で誠実に
  12. 常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する


参考資料:
 京セラホームページ
「稲盛イズムは不滅か」『日経ビジネス』、2004年9月27日号